女帝花舞22

二台のトラックに分譲して金沢に向かう、蟷螂会の特攻隊。しかし岐阜に潜入させていたスパイ部隊から報告を受けた武士は、彼等の動向を県警本部に通報して、全員逮捕させてしまった。蟷螂会に捜査が入り、若頭が出頭。板東は姿をくらませた。そして明日香を呼び出すように、三千歳に命じる……。

※ 本書は見開き101ページです。(表紙含む)

目次

第1話 開戦
第2話 迎撃
第3話 潜伏
第4話 親友
第5話 監禁
第6話 伝達
第7話 奔走
第8話 直訴
第9話 集結





【新刊】 女帝花舞 (1-28巻 続巻)




女帝花舞 28巻 (28)

"女帝花舞22" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント