捨てられた天使/ハーレクイン・ロマンス

ドリュー・ハンプトン――その名を思い出すだけで、セレストの胸は張り裂けそうになる。ホテル事業を営むセレストの祖父に能力を見いだされ、若くして幹部の椅子を手に入れたドリューは、彼女の心までも奪った。だがライバル企業に引き抜かれるなり、非情にも彼女を捨てたのだ。以来、セレストは傷心を癒すため家業にすべてをささげてきた。それなのに、こんな形で再会するなんて……。オフィスに乗り込んできたドリューの言葉に、彼女は息をのんだ。「このホテルの買収を考えているんだ」私が心血を注いで立て直したホテルを? そうはさせないわ。怒りに震えながらも、セレストは甘い記憶にさいなまれた。



愛ゆえの罪

愛に裏切られても

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック