女帝花舞18

明日香と初めて愛し合った後、武士は金沢へ行った。先斗町で、亀田、鈴木、板東が顔を合わせて、提携の密談をする。座敷には三千歳がいた。ちょうど三千歳を訪ねてきていた明日香が、それを目撃する。しかし明日香に尋ねられた三千歳は、上手くはぐらかし……。

※ 本書は見開き101ページです。(表紙含む)

目次

第1話 抱擁
第2話 目撃
第3話 再興
第4話 借問
第5話 難敵
第6話 再開
第7話 一夜
第8話 凶兆
第9話 揺曳




【新刊】 女帝花舞 (1-28巻 続巻)




女帝花舞 28巻 (28)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック